仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 競売物件とは?購入するメリットとデメリットを解説!

競売物件とは?購入するメリットとデメリットを解説!

≪ 前へ|周囲に気付かれずに不動産売却をおこなうには?媒介契約の流れや期間をご紹介   記事一覧   「鉄筋鉄骨コンクリート」の建物構造のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

競売物件とは?購入するメリットとデメリットを解説!

カテゴリ:お役立ち情報

競売物件とは?購入するメリットとデメリットを解説!

不動産の購入を検討していると「競売物件」とよばれる物件を見かけることがあるはずです。
競売物件とは何のことなのか、一般的な物件とはどのような違いがあるのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は競売物件を購入するメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

競売物件とは何のことなのか?

競売物件とは、裁判所に差し押さえられて強制的に売却された物件のことです。
所有者が住宅ローンを支払えなくなったときは任意売却を選択することも可能ですが、それができなかった場合は競売にかけられてしまいます。
その場合は競売物件に売主は存在せず、裁判所が所有者移転の手続きをおこないます。
購入を希望する場合は一定期間内に入札の手続きをおこない、一番高い価格を提示して落札するとその物件の所有者になれるという仕組みです。
競売物件は一般的な物件と売却方法は異なりますが、住宅として問題があるわけではありません。
ただし一般的な物件とは違ったメリットとデメリットがあるので、事前に確認しておく必要があります。

競売物件を購入するメリットは? 

競売物件は通常の物件を購入するときよりリスクが多い分、価格が安く設定されているのが特徴です。
一般的な相場より3割ほど安い価格で購入できるため、できるだけ費用を抑えて不動産を購入したい方に注目されています。
また通常の物件を購入する場合と比べ、手続きに手間がかからないこともメリットの1つです。
登記手続きは基本的に裁判所がおこなうため、司法書士に手続きを依頼する手間も必要ありません。
シンプルな手続きのみであり、買主の負担が少なくて済みます。

競売物件を購入するデメリットは? 

競売物件のデメリットは、事前に物件情報をくわしく確認できないことです。
内覧ができないケースも多く、現況調査報告書に添付されている写真で内部の様子を確認することになります。
また通常であれば物件に不備や破損があった場合、その責任を負うのは売主です。
しかし売主が存在しない競売物件の場合は、購入者が自分で修繕・清掃費用を負担しなければなりません。
さらに住宅ローンを組んで競売物件を購入する際は、裁判所に提出しなければならない書類も多い分、手間と費用がかかります。
そういったデメリットも確認したうえで、競売物件を購入するかどうかを決めましょう。

まとめ

競売物件は一般的な物件に比べて費用が安く手続きもシンプルなため、購入希望者にとってメリットが大きいように感じます。
しかし、その分デメリットやリスクもありますので、事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|周囲に気付かれずに不動産売却をおこなうには?媒介契約の流れや期間をご紹介   記事一覧   「鉄筋鉄骨コンクリート」の建物構造のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      二級建築士事務所登録/宮城県知事第17320182号
      建設業免許/宮城県知事(29)第17892号
  • Twitter
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る