仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却におけるオープンハウスのメリットとデメリット

不動産売却におけるオープンハウスのメリットとデメリット

≪ 前へ|不動産相続したものを売却した際の減価償却とは?   記事一覧   不動産売却時における媒介契約とは?種類についても解説|次へ ≫

不動産売却におけるオープンハウスのメリットとデメリット

カテゴリ:お役立ち情報

不動産売却におけるオープンハウスのメリットとデメリット

最近、住宅情報サイトなどでもよく目にするオープンハウス。
新築住宅のモデルハウスなどのように、中古住宅を広く多くの方に見てもらうものです。
さっそく、オープンハウスの特徴、オープンハウスを使って不動産売却をすすめるメリットやデメリットなどを見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるオープンハウスとは

中古住宅市場が活発になってきたと言われる現代。
中古一戸建て住宅や中古マンションなどの不動産の売却を考えている方には、できるだけスムーズに、できる限り自分が希望する価格で取り引きをおこないたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
オープンハウスとは、不動産売却における戦略的な売却活動のひとつです。
新築一戸建て住宅や新築分譲マンションのモデルハウスやモデルルームのように、家を開放して多くの方に内覧に訪れてもらうという手法です。
オープンハウスは、平日よりも集客がしやすい週末に開催されることが多く、完全予約のかたちを取ったり、誰もが気軽に訪れられるフリーな時間を設けたりと、いろいろな工夫が取られています。
また、基本的にオープンハウスには不動産売却をサポートする不動産会社のスタッフや家主などが立ち会うことになります。
まだ自宅として使っている不動産の場合は、事前に家のなかの整理整頓、清掃、ゲストとして訪れる購入希望者を出迎える室内コーディネートなどの準備が必須となるため、スケジュールに余裕を持たせて企画するようにしましょう。

不動産売却におけるオープンハウスのメリットとデメリット

オープンハウスは、開催するタイミングや雰囲気づくりなどがうまくいくと、スムーズな不動産売却や希望価格での取り引きなどにつながる可能性が高い売却活動です。
不動産売却でオープンハウスをおこなうメリットは、たくさんの方に売り出し中の物件を見てもらえる点、購入希望者と潜在的なターゲット層の両方にアピールできる点、物件を視覚的に演出することができる点などがあげられます。
また、購入希望者がお互いを意識し合うことで成約率がアップするとも言われています。
一方で、デメリットとなるのは、物件の良いところも悪いところも両方が赤裸々になってしまう点、準備や対応に手間や費用がかかる点、オープンハウスハウスの開催に地域住民の方やマンション管理組合などの了承が得られないことがある点などがあげられます。

まとめ

オープンハウスが欧米で広く知られていて、日本では最近注目度が高まってきている不動産の売却活動です。
オープンハウスにはたくさんのメリットがありますので、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産相続したものを売却した際の減価償却とは?   記事一覧   不動産売却時における媒介契約とは?種類についても解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る