仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 相続した土地の売却にかかわる控除の種類は?損失が出たときの控除は?

相続した土地の売却にかかわる控除の種類は?損失が出たときの控除は?

≪ 前へ|不動産の「遺贈」とは?「遺贈」と「相続」との違いをチェック!   記事一覧   相続した平屋は売却できるのか?そのコツや注意点をご紹介|次へ ≫

相続した土地の売却にかかわる控除の種類は?損失が出たときの控除は?

カテゴリ:お役立ち情報

相続した土地の売却にかかわる控除の種類は?損失が出たときの控除は?

相続した土地を売却した際の税金について、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
土地売却にかかる税金は控除できる特例があります。
そこで、今回は土地売却にかかわる控除の種類や、売却により損失が出たときにどんな控除を受けることができるのかをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続した土地売却にかかわる控除の種類は?

相続した土地売却にかかわる控除には、「相続空き家の3,000万円特別控除」があります。
3,000万円分控除をしてもらえることになるので、利益が3,000万円以内であれば、税金を納める必要がなくなります。
これにより、かなり納める税金額が変わってくるので、必ず確認するようにしましょう。
また、住んでいた土地を売却する際は、軽減税率が適用されたり課税を繰り延べられる制度もあります。
制度をしっかり理解し、適切に税金を納めることが大切です。
そして、相続空き家の3,000万円特別控除を使う際は、納める税金が0であっても確定申告が必要なので、忘れずにおこないましょう。

相続の土地売却をした際に損失が出た場合に受けられる控除とは?

土地売却をした際に、損失が出た場合は2つの特例を受けることができます。

居住用財産の買換えに係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

1つ目は、居住用財産の買換えに係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例です。
これは、出た損失をその年の別の所得と損益通算できる制度です。
この制度により、給与所得から源泉徴収されている税金を還付してもらうことができます。
この特例を利用するためには、いくつかの条件があるので必ずチェックが必要です。

居住用財産に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

2つ目は、居住用財産に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例です。
こちらも特例を利用することにより、源泉徴収額の還付を受けられる可能性があります。
ただし、売却する不動産に住宅ローンが一定額残っていることと、買い換え資産の購入が必要となります。
さまざまな特例があるため、受けられる条件などをきちんと確認することが大切です。

まとめ

相続した土地の売却をする際には、「相続空き家の3,000万円特別控除」という控除が適用されます。
また、損失が出た場合でも、利用できる特例があるため、納める税金が大きく変わります。
条件などをきちんと確認して、特例を受ける際の税額の計算をすることで、お得になる方法を選択できるのではないでしょうか。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の「遺贈」とは?「遺贈」と「相続」との違いをチェック!   記事一覧   相続した平屋は売却できるのか?そのコツや注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る