仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 相続した平屋は売却できるのか?そのコツや注意点をご紹介

相続した平屋は売却できるのか?そのコツや注意点をご紹介

≪ 前へ|相続した土地の売却にかかわる控除の種類は?損失が出たときの控除は?   記事一覧   不動産相続でお困りの方必見!不動産売却時に検討しておきたい現状渡しとは?|次へ ≫

相続した平屋は売却できるのか?そのコツや注意点をご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

相続した平屋は売却できるのか?そのコツや注意点をご紹介

「相続した平屋を売却したい」と検討している方のなかには、平屋は売れにくいのか?と疑問に思う方もいると思います。
そこで、今回は平屋が本当に売れにくいのか、また平屋を売却するとしたらどんな方法があるのか、コツや注意点を含めてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

平屋は売れにくいのか?

平屋は売れにくいと言われることが多くあり、確かに平屋は売れにくい傾向にあります。
その理由は、日当たりが悪かったりプライバシーや安全性の確保が難しかったりするので、買い手が少ないからです。
日当たりの悪さを解消するために窓の数を増やしたり窓を大きくしたりすると、外から見られやすかったり空き巣に入られたりする可能性が高くなります。
また、平屋を希望する方は間取りなどにこだわりがある傾向にあり、希望の間取りと一致せず購入されないケースもあります。
ただ、売れにくいと言われているものの最近ではニーズが高まっています。
家の中が全てフラットになっているので、階段の上り下りをしなくて良いことから、お年寄りの夫婦などには人気になっています。
また、視界が開けていて、子供に目が届きやすい構造になっていることから子育て世帯にも人気です。

平屋を売却する方法とは?

平屋を売却する方法は以下のようなものがあります。

そのまま売却する

1つ目の方法はそのまま売却する方法です。
そのまま売却する方法であれば費用もかからないため、負担が軽減されるでしょう。
物件の立地やバリアフリーを実現しやすいなどの平屋ならではのメリットをアピールをすることが重要です。

リフォーム後に売却する

2つ目の方法は、リフォーム後に売却する方法です。
状態が良くなくても、まだ住めるようであれば、解体せずにリフォームをしてから売却することで高く売れる可能性があります。

解体して更地にして売却する

3つ目の方法は更地にして売却する方法です。
築年数が20~25年以上経っている木造住宅の場合、一般的に市場価値がありません。
そのため、更地にしてから売却した方が売れる可能性は高くなります。
しかし、昔ながらの木造平屋は床面積が広い傾向があり、2階建て住宅などに比べ、解体費用が高額になる恐れもあるため、注意が必要です。

まとめ

平屋は売れにくいと言われていますが、平屋ならではのメリットがあり、ニーズが高まっています。
さまざまな売却の方法があり、リフォームや解体をする場合は費用がかかるため、慎重に検討してみましましょう。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|相続した土地の売却にかかわる控除の種類は?損失が出たときの控除は?   記事一覧   不動産相続でお困りの方必見!不動産売却時に検討しておきたい現状渡しとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る