仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続における法定相続人の範囲とは?法定相続分についても解説

不動産相続における法定相続人の範囲とは?法定相続分についても解説

≪ 前へ|不動産を相続するときに知っておきたい単純承認とはなにかを解説!   記事一覧   不動産相続の配偶者居住権とは何?設定方法も解説|次へ ≫

不動産相続における法定相続人の範囲とは?法定相続分についても解説

カテゴリ:お役立ち情報

不動産相続における法定相続人の範囲とは?法定相続分についても解説

法定相続人とは、民法において認められている一定の相続人のことです。
法定相続人が誰に当たるのか、その範囲や遺産の分割の仕方について疑問を持っている方もいると思います。
今回は、法定相続人はどこまでの範囲を指すのか、さらに遺産分割の割合である法定相続分についても解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

弊社へのお問い合わせはこちら

法定相続人の範囲とは?

まず、被相続人の配偶者は必ず法定相続人となります。
この場合の配偶者とは被相続人と「婚姻関係」にある人のことを指します。
また、配偶者ではない法定相続人には、以下のように相続順位が決められています。

●第1順位:子ども(直系卑属)
●第2順位:親(直系尊属)
●第3順位:兄弟姉妹

また、相続欠格や相続廃除の対象となる者は、法定相続人になれません。
相続欠格とは、被相続人の命を故意に奪おうとした、また詐欺や強迫により遺言を自分の都合の良いように変えた場合に、法定相続人の権利を剥奪されることを言います。
相続廃除とは、被相続人の意思により特定の人が法定相続人になる権利を剥奪されることを言います。

民法で定められた法定相続分とは

民法では、法定相続人の相続割合を法定相続分として定めています。
法定相続分は、法定相続人の範囲・人数により、以下のとおりに変動します。

配偶者が法定相続人となる場合の法定相続分


●配偶者のみ:遺産の全て
●配偶者&直系卑属:遺産の2分の1
●配偶者&直系尊属:遺産の3分の2
●配偶者&兄弟姉妹:遺産の4分の3

直系卑属・直系尊属・兄弟姉妹が法定相続人となる場合の法定相続分

配偶者がいない場合といる場合で法定相続分が変わってきます。
配偶者がいない場合は、遺産の全てをそれぞれの人数で分割することになります。
配偶者がいる場合は、配偶者が受け取る遺産を引いて残った分を、それぞれの人数で分けることになります。
もちろん、直系卑属・直系尊属・兄弟姉妹が1人しかいない場合は、与えられた分の資産を全て受け取ることになります。
なお、遺言書があれば原則として遺言書に従って遺産を分割します。
また、遺産分割協議で相続人全員の合意を得ることができたら、必ずしも法定相続分に従う必要はありません。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
法定相続人の範囲や法定相続分について解説してきました。
相続に関して、適切な知識を有していることが大切です。
相続をおこなう際は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を相続するときに知っておきたい単純承認とはなにかを解説!   記事一覧   不動産相続の配偶者居住権とは何?設定方法も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る