仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続時の「限定承認」メリット・デメリットを解説

不動産相続時の「限定承認」メリット・デメリットを解説

≪ 前へ|不動産を売却しよう!査定額を自分で出す方法をご紹介!   記事一覧   不動産を相続するときに知っておきたい単純承認とはなにかを解説!|次へ ≫

不動産相続時の「限定承認」メリット・デメリットを解説

カテゴリ:お役立ち情報

不動産相続時の「限定承認」メリット・デメリットを解説

不動産相続時によく聞く「限定承認」についてご存じでしょうか。
ここでは限定承認について、メリット・デメリット、どのようなケースがあるか解説してきます。
今後相続予定がある方や、事前に知っておきたい方はぜひチェックしておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続時の「限定承認」①メリット・デメリット

限定承認のメリットデメリットは、債務相続不要、先買権が利用可能、相続人全員の同意が必要、みなし譲渡所得税による準確定申告が必要かチェックの4点があげられます。
債務や先買権について、残された遺族や相続人にとって大きなメリットになるため、限定承認を希望する方は多くいます。
しかし、ここで問題になるのは「全員の同意が必要」という部分です。
1人しかいない場合は自分が同意していれば問題ないですが、たとえば10人いる場合10人全員から同意を貰わなければなりません。
1人が同意しなければ、限定承認は利用できません。
どうしても同意してもらうための話し合いや交渉などによって、トラブルに発展、長期化することも珍しくありません。
どのようなメリット・デメリットがあり、誰から同意を得なければならないか事前にチェックしておくと良いでしょう。

不動産相続時の「限定承認」②どのようなケースがあるか

限定承認をおすすめするケースは、プラスとマイナスの財産を把握していない、家業の再建、どうしても残したい実家のような不動産がある場合の3つのパターンです。
このなかでも多いのは、プラスとマイナスの財産を把握していないケースです。
債権放棄ができることもあり、借金がある、お金の使い方が荒かったなどから、利用する方も多いようです。
ただし少人数ですが、債権も持っているが実は不動産などの資産を持っていた、反対に不動産などがあるから資産があると思ったら実は借金まみれだったというケースもあります。
可能な限り借金や資産状況について調べてみましょう。
どうしても期日内には終わらない、すべてを把握しきれない場合は、期間伸長の申し立ても可能なのでぜひ検討してみましょう。

まとめ

限定承認は、債権放棄や先買権の利用のために選択される方法です。
ただし、相続人全員からの同意が必要なこともあり、トラブルに発展する可能性もあるので覚えておいてください。
資産状況や借金額、家業をどうするか、残したい不動産はあるかなど、家族や親族、関係者などと話し合ったうえでどの方法を選択するか、何が良いかを決めるようにしましょう。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を売却しよう!査定額を自分で出す方法をご紹介!   記事一覧   不動産を相続するときに知っておきたい単純承認とはなにかを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る