仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 親子リレーローンとはどんなもの?メリットやデメリットをご紹介!

親子リレーローンとはどんなもの?メリットやデメリットをご紹介!

≪ 前へ|不動産相続をした場合にかかる税金とは?種類や計算方法をご紹介!   記事一覧   土地を購入するときに覚えておきたい!建ぺい率と容積率について解説|次へ ≫

親子リレーローンとはどんなもの?メリットやデメリットをご紹介!

カテゴリ:お役立ち情報

親子リレーローンとはどんなもの?メリットやデメリットをご紹介!

親子二世代にわたって住宅ローンを借り入れ、リレー形式で返済していくのが親子リレーローンと呼ばれるものです。
同居する必要があったりと制限はあるものの、借入可能額が多くなったり、金額の割に返済期間中の負担が少なかったり、メリットも多いのが特徴です。
今回はこの方法で住宅を購入したときの、メリットやデメリットについてもご紹介していきます。
これから同居するための不動産の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子リレーローンの仕組みとは?

親子リレーローンというものは、利用する親と子が同居しているのが基本的な前提となります。
これから一緒に暮らす住宅のローンを親子で契約し、親が返済できるところまで返済、続きを子が返済していく、というリレー方式のローンです。
使える条件としては現在同居中であるほか、これから同居予定している親子も対象となりますが、金融機関や商品によって同居しなくてもいい場合など要件に違いがあります。
年齢の制限としては借入時に親の年齢が70歳未満で、最終返済時の子の年齢が80歳未満であることが条件となります。
この返済が引き継げるのは一人となっていますので複数人の兄弟でリレーローンを組むことはできません。
親子それぞれに安定した収入があれば利用することが可能です。

親子リレーローンで不動産を購入するメリット

このように一緒にローンを返済する人がいるという状況は、借入金額が増えるという大きなメリットがあります。
バリアフリーや二世帯住宅など、ある程度金額が高くなってしまう住宅であっても、視野に入れることが可能となってきます。
また返済期間も余裕をもって設定できるため、毎月の負担もそれほど大きくなく済むのが嬉しい特徴です。
さらに親子で一つのローンを組んでいても、住宅ローン控除は親子それぞれで利用することが可能となっています。

親子リレーローンを利用することによって発生するデメリット

しかし便利な一方で当然ながらデメリットも含んでいます。
特に転勤や結婚などによって新たに住宅ローンを組もうとしても、ダブルローンと判断されてしまいます。
そうなるとある程度収入に余裕がある人でも、非常に厳しい審査を通過しなければならず、新たなローンを組むのは難しいとされています。
さらに住宅が親子で一緒に保有しているため、一緒に購入した住宅は相続の対象となります。
住宅を子の名義にしている場合は、贈与税の対象ともなるので注意しておきましょう。

まとめ

親子リレーローンとは、先に親、続いて子とリレー方式で返済を進めていく方法です。
融資の金額が増えたり、返済の負担を減らせたりとメリットが多い反面、新たにローンを組むのが難しくなるなどのデメリットも存在します。
住宅を購入する際は、自分たちにとってどんなデメリットがあるのかもしっかり把握した上で、こうしたものを活用してみましょう。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続をした場合にかかる税金とは?種類や計算方法をご紹介!   記事一覧   土地を購入するときに覚えておきたい!建ぺい率と容積率について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る