仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却におけるリースバックの基礎知識

不動産売却におけるリースバックの基礎知識

≪ 前へ|不動産売却前のリフォームの必要性などを解説   記事一覧   住宅ローンを滞納して払えないとどうなるのか解説|次へ ≫

不動産売却におけるリースバックの基礎知識

カテゴリ:お役立ち情報

不動産売却におけるリースバックの基礎知識

自宅を売りに出したいものの、近所の目が気になるといった方は少なくありません。
また、老後の生活が不安だから手元に現金がほしい、住宅ローンを早めに完済しておきたい、と考える方もいるのではないでしょうか。
本記事では、このような悩みを解決できる、不動産売却方法のひとつリースバックとはなにか、利点やデメリットについて解説をします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるリースバックとは

リースバックとは、不動産売却方法の一種です。
第三者に自宅を購入してもらい、まとまった額の現金を手に入れられるだけでなく、そのまま自宅に住み続けられることが特徴です。
現在では、このようなサービスを提供している事業者がいくつもあります。
老後の生活費を確保したい、住宅ローンを早く完済してのんびりと老後を暮らしたい、といった層に需要があるほか、近所の目が気になる方も安心して自宅を売りに出せます。

不動産売却におけるリースバックのメリット

不動産売却におけるリースバックの利点は、まとまった現金が手に入ることです。
現金の用途は限られていないため、生活資金とするほか、事業資金としての利用もできます。
売った自宅にそのまま住み続けられるのは、もっとも大きなメリットといえるでしょう。
通常、自宅を売ると新たな住まいを探す必要がありますが、この方法なら新居探しも引っ越しも不要です。
しかも、月々のリース代は、これまで支払っていた住宅ローンよりも低い月額になるケースが多く、毎月の経済的負担を軽減できます。

不動産売却におけるリースバックのデメリット

魅力的な不動産売却方法であるリースバックですが、デメリットがあることも覚えておきましょう。
この方法で自宅を手放すと、家の名義が変わります。
購入してくれた方の名義になるため、自身の所有物ではなくなってしまうのです。
そのため、将来的に子どもへ資産として家を相続させる、といったことができません。
また、売ったあとも自宅に住み続けられますが、毎月家賃を支払う必要があります。
住宅ローンの返済は不要となりますが、代わりに家賃を支払わなくてはならないため注意が必要です。

まとめ

不動産売却におけるリースバックとはなにか、利点や注意すべきポイントなどについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
老後を安心して暮らすために、まとまった資金を欲している方や、売ったあとも自宅に住み続けたい方などに、この手法はおすすめです。
ただ、本記事でお伝えしたとおり、利点がある一方で注意すべきこともいくつかあるため、理解したうえで検討してみましょう。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却前のリフォームの必要性などを解説   記事一覧   住宅ローンを滞納して払えないとどうなるのか解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る