仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却前のリフォームの必要性などを解説

不動産売却前のリフォームの必要性などを解説

≪ 前へ|不動産購入の現状渡しとは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   不動産売却におけるリースバックの基礎知識|次へ ≫

不動産売却前のリフォームの必要性などを解説

カテゴリ:お役立ち情報

不動産売却前のリフォームの必要性などを解説

不動産を売却する前にリフォームをすべきかどうかを考えるときがあると思います。
すべきかどうかや、おこなった場合の利点などを解説していきますので、参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前のリフォームの必要性

まずはリフォームがいるかどうかについて解説していきます。

基本的には不要

売る前に修繕などをおこなうことは、基本的には不要とされています。
というのも、すべて修繕したとしても、売るときの物件の価格にはあまり影響を与えないためです。
修繕費用を見ると赤字になってしまう可能性もあるので、おこなわないのが一般的です。

買い手が困る

自身が修繕をおこなっても、買い手にとってはおせっかいになってしまう場合があります。
リノベーションを考えている方もいると思うので、無理に修繕せず、そのまま売るのもよいかもしれません。

不動産売却前にリフォームをするメリット

もちろん、必要でない場合が多いですが、修繕をおこなうメリットもあります。

早期売却ができる

きれいな状態の物件のほうが、早く売れる可能性は高くなります。
修繕費用をかけてでも早く売ってしまいたいというときには直しておいたほうがいいかもしれません。

値引き交渉に遭いにくい

売却をするときは、値引き交渉を持ち掛けられることがほとんどです。
しかし、こちらは修繕をしているという大義名分があるので、値引き交渉を持ちかけられても強気で提示価格を出せるようになります。

デメリット

デメリットは冒頭でも少し触れた、リフォーム費用が価格に上乗せできないという部分です。
元が取れないので、少し損をしてしまう可能性があることは留意しておきましょう。

不動産売却前のリフォームが不要なケース

以下の状況のときは、リフォームはおこなわなくてもよいでしょう。

なるべく手間をかけずに売りたい

修繕をおこなうと、ある程度の期間工事をしなければなりません。
そうなると売るまでに時間がかかってしまうので、手間がかかってしまいます。

安さを売りにしたい

修繕をしてしまうと、どうしてもある程度価格を上げたくなるでしょう。
しかしそれをしてしまうと中古物件の良さである安さが失われてしまいます。
魅力を最大限に出したいなら、リフォームはおこなうべきではないでしょう。

まとめ

不動産を売るときにリフォームはおこなわない場合が多いですが、おこなったら悪いというわけではありません。
ケースバイケースで柔軟に対応し、必要に応じ、後悔のないように売却活動をおこなっていくことが重要です。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入の現状渡しとは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   不動産売却におけるリースバックの基礎知識|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る