仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却で知っておきたいインスペクションの目的とは?

不動産売却で知っておきたいインスペクションの目的とは?

≪ 前へ|不動産を売却する場合の分筆とはどのようなものか   記事一覧   遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや注意点について|次へ ≫

不動産売却で知っておきたいインスペクションの目的とは?

カテゴリ:お役立ち情報

不動産売却で知っておきたいインスペクションの目的とは?

新築が好まれてきた日本でも、最近は中古住宅の需要が高まってきました。
そのため、建物に瑕疵がないかを調べる機会も増えています。
そんなときに活用したいインスペクションとは何か、不動産売却における目的や費用とともに確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるインスペクションとは?

不動産におけるインスペクションとは、住宅診断と呼ばれるものです。
建物の状態を専門家が検査し、欠陥や劣化の有無を調べます。
建物の耐力上において主要な部分や、雨水の侵入を防止する部分の瑕疵など、建物の状態を知ることができる便利な制度です。
不動産売却では、一見してわかりにくい問題を調べるために実施する機会が増えています。

不動産売却でインスペクションを実施する目的

中古の不動産売却において、売主は買主に対して建物の状態を告知する義務があります。
もし建物に告知していない問題が発覚すると、損害賠償請求されるかもしれません。
そこで隠れた瑕疵(不具合)があっても、インスペクションを実施すれば発見できる可能性が高まります。
また2018年には中古住宅の不動産売却において、インスペクションの告知・説明が義務化されました。
そのためインスペクションの目的とは何なのか、また実施済みかどうかを買主に説明しなければなりません。

インスペクションのメリット

インスペクションの結果、建物に問題が発覚したからといって、不動産売却で不利になるばかりではありません。
中古住宅を探す買主の多くが新築物件ではない以上、多少の不具合はやむを得ないことを理解しています。
むしろ問題の詳細を告知してもらうことで、物件や売主に対する信頼は深まるケースが多いでしょう。
さらに修繕リフォームの必要性を判断する材料になるため、成約に至る可能性も高まります。

不動産売却時にかかるインスペクションの費用

インスペクションの基本的な検査費用は、5万円前後が相場です。
ただし基本の検査は、建物の構造部分と雨漏りの調査がメインです。
床下や小屋裏などはオプション料金がかかるので、詳しく検査するなら10万円程度を見込んでおきましょう。
なお検査の所要時間は1時間から3時間程度で、検査実施から報告書受領までは1週間程度かかります。
その間、不動産売却が進まない恐れもあるので、時間に余裕をもって検査するのがおすすめです。

まとめ

インスペクションとはどのようなものなのか、不動産売却における目的や費用とともにご紹介しました。
売主・買主の双方が安心して取引するためにも、積極的に活用したい仕組みです。
そこで不動産売却を検討中の方は、インスペクションに詳しい不動産会社まで相談してみてはいかがでしょうか。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却する場合の分筆とはどのようなものか   記事一覧   遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや注意点について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る