仙台市で不動産売却|株式会社クリエイトホームズ > 株式会社クリエイトホームズのスタッフブログ記事一覧 > 「相続した不動産」を売却する!流れと注意点を知って円滑に進める

「相続した不動産」を売却する!流れと注意点を知って円滑に進める

≪ 前へ|【現場レポート】仙台市太白区C様邸リフォーム工事   記事一覧   不動産相続時の「2つの税金」と相続税の計算|次へ ≫

「相続した不動産」を売却する!流れと注意点を知って円滑に進める

カテゴリ:お役立ち情報

「相続した不動産」を売却する!流れと注意点を知って円滑に進める

不動産を相続した場合も、居住するとは限らず、「売却」を考えるケースは少なくありません。
しかし、スムーズな売却のためには、相続してからの段取りを把握しておくことや、事前に注意点を理解しておくことが大切です。
今回は、「不動産相続をしたときの売却」をテーマに、これらのポイントを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続して売却する「流れ」と換価分割

被相続人が亡くなると、通常の流れは、役所に「死亡届」を出し、葬儀をおこないます。
そして、遺言書の有無を確認し、遺言書があればそれに従いますが、なければ被相続人の戸籍謄本などを取り寄せ、相続人を確定します。
遺産も何があるかを調査します。
相続人が複数いて、遺言書がない場合は「遺産分割協議」をおこないます。
分割の方法には、「現物分割」「代償分割」「共有」「換価分割」の4つがあります。
しかし、不動産は物理的な特徴などから、現金と異なり、相続割合で分割することが難しい場合も多いものです。
そこで、相続人のうちの1人が代表となり、不動産を単独名義にし、売ってから、現金を分割する「換価分割」がおすすめです。
共有名義にして、売った後に分ける方法もありますが、手続きも複雑になるので避けるほうがよいでしょう。
遺産分割協議では、分割をどうするか協議して、決まった内容は遺産分割協議書にまとめます。
協議後は、不動産がある場所の法務局で、「相続登記」をして所有権を移します。
故人の名義ままでは売却できないからです。
換価分割をする場合は、代表者の名義となります。
そして、不動産会社の仲介を通じて売り出し、売却できたら、相続人で現金を分割することで、流れは完了です。

相続した不動産を売却する注意点「相続登記」など

相続の場合、通常の不動産とは違う注意点もあるので、確認しておきましょう。
そのひとつとして、「相続登記をすること」があげられます。
故人の名義でそのままにしておくと、いざ売却しようとしても、スムーズに売ることができません。
あるいは、ほかの相続人が自らの持ち分について登記したのちに、売却してしまう可能性もあります。
トラブルを回避するには、登記は重要なポイントです。
また、換価分割を選択後、代表者がいったん単独名義として不動産を売り出します。
その際の注意点が、代表者が好きな価格で売ってしまうことです。
必ず、トラブルを防ぐためにも「価格はみんなで協議しておく」ようにしましょう。

まとめ

不動産は遺産のなかでも価値が高く、プラスの財産です。
同時に、分割しにくいという特徴もあります。
それだけに、トラブルが起きないよう慎重に協議したいですね。
スムーズな売却には、この記事もぜひお役立てください。
私たちクリエイトホームズ宮城中央店は、仙台市を中心として不動産の買取などをおこなっております。
不動産売買に関する情報で気になる点がございましたら、ぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【現場レポート】仙台市太白区C様邸リフォーム工事   記事一覧   不動産相続時の「2つの税金」と相続税の計算|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社クリエイトホームズ
    • 〒984-0031
    • 宮城県仙台市若林区六丁目字赤沼4-17
    • 0120552560
    • TEL/022-385-5871
    • FAX/022-385-5872
    • 宮城県知事 (4) 第5415号
      建設業許可:宮城県知事(般-29)第17892号
      二級建築士事務所:宮城県知事登録 第17320182号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る